チョコほりっく - chocoholic_jiji -

色んなことにホリックな・・・毎日です。あんなコト、こんなコト、感じたコトを紡いでいきます。

Twitter はじめましたー☆
http://twitter.com/chocoholic_jiji

fotologue はじめましたー☆
http://fotologue.jp/#chocoholic-jiji
先日、仕事帰りに本屋さんへブラリ。
発売したばかりの雑誌を、買いたかったのでねー☆

で、レジ係りの男の子が、言いました。
「送料無料でお送りすることができますが、いかが致しましょうか。」

笑顔でニッコリ{/hiyo_en2/}答える、私。
「ありがとう。でも、持って帰ります。」

お釣りと一緒に、店内のコーヒーショップのフリーチケットをくれました。
もう一度、ニッコリ「ありがとう。」{/hiyo_en2/}

そぉ、そぉ☆
そぉだったー。この本屋さん、こんなサービスあったー。
すっかり忘れてたわ……。

ま、今日は、急いでいるので、コーヒーチケットは次に来た時に使おう{/cups/}
重たーいから、送付してくれるのウレシイ…。
ウレシイよ、アタシは!!ウレシイけど…けど…。
持って帰って、早く読みたいんだもぉーん{/usagi/}
はい、こらえ性無いです、私。
手に入れたら、すぐに見たい&使いたいヒトです。

頑張って、持って帰る!
手が痛くなっても、いいもん!
君が、”荷物持ち”をして、家まで送り届けてくれるんなら、OKなのになぁー♪


さて、クイズです。
タイトルは、何を表しているのでしょーか!?
目指せ!!全員正解♪♪♪

めちゃ簡単。ほんと、簡単。
それぞれの本については、いずれ、紹介する機会が訪れることでしょう☆



■□■ 〔旧チョコほりっく〕から移してきました ■□■
≪ comments ≫←をクリック☆で、 このBlogへのコメントを、ご覧頂けます。
このページを行き先登録 |permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
ある雑誌を買おうと思って、またまた、本屋さんへブラリ寄り道。
なんだか、くたびれちゃったので、家の近所の本屋さんで、我慢…我慢…。

第一目的の雑誌は売り切れちゃってましたー。
うぅ〜む、やっぱ、大型書店に行けばよかった…{/namida/}

んで、手ぶらで本屋を出るような、わたくしでは、ありません…。よね。
これもまた、例によって…。

はい、雑誌の暴れ買いです。

『Come home! vol.7』 主婦と生活社 刊

手作りとかナチュラルが満載☆
私にとっては、ちょっと上品に傾いている内容なのだけど…。

んでも…。
シャビーシックなものだったり…。
ヴィンテージ感のあるものだったり…。
好きなモノが、いっぱい載ってるんだよねー。




『eyeco 2007 spring』 リクルート 刊
通販カタログなのですー。
中身がいっぱい詰まってて、購買意欲を、めちゃくちゃ刺激されます!!

んで、掲載されている商品のテーマもステキ☆
■自然への配慮のある商品
■再利用への配慮のある商品
■安全・健康への配慮のある商品
■長期間使用への配慮のある商品
■資源への配慮のある商品
■環境・人への取り組みがされた企業の商品

国内に取り扱いが無いモノなんかも結構載ってて、イイんだよねー。
欲しいものをピックアップして、一括で注文できるって、とーっても便利☆
それに、送料は一律だし。

んで、今回のテーマは、フランス!?イタリア!?
いや〜ん、めちゃくちゃ、ツボ!!


『Lingkaran vol.22』 〔心とカラダにやさしい生活〕 ソニー・マガジンズ 刊

なごみますー。
色んな生き方・暮らし方・考え方の、ヒントを見つけられます。
今回は、ちょっと、真剣な内容なのかな!?

でも、興味のある職業のコトが載っているみたい…。
くふふ、楽しみぃ♪




『nid(ニド) vol.3』 〔ニッポンの イイトコ ドリ を楽しもう。〕 エフジー武蔵 刊

初めて買っちゃったー。
表紙に惹かれて、まずは立ち読み。

メイン・コンテンツの「ほっかほか しあわせ、湯気三昧」のページで紹介されていた「湯町窯」の器のあったかさが気に入って。
それと「土鍋でつくる、ふぅふぅレシピ」も気に入って。

知らなかったなぁ〜こんな雑誌あるなんてっ!!



■□■ 〔旧チョコほりっく〕から移してきました ■□■
≪ comments ≫←をクリック☆で、 このBlogへのコメントを、ご覧頂けます。
このページを行き先登録 |permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
素敵な作品&本を見せて頂いて、ふと思い出したました。
写真とスタイリングが素敵なハンドメイド本を紹介しますー☆

『高森共子のあみぐるみ』

イラストレーターとして活躍後、編みぐるみ作家になられた高森共子さんの本。
作り方ではなく、作品集のような本です。
高森共子さんの編みぐるみも『ファンシーではない可愛さ』なのです。
撮影は『AFTERNOON TEA RECIPE BOOK』と同じ、長嶺輝明さん。

なんというのか…この空気感。雰囲気。
編みぐるみが、お子様だけのモノでは無いんだなーと思わせてくれます。

では、私の大好きな黒ネコさんその他たち☆



BOSSさんとこのコメントにも書いた『ソファにちょこんと編みぐるみ』の図をいくつかと
キッチン








こんな見せ方もあり〜!?
後ろ向いちゃってるじゃん!?
バタリ、倒れこんだ?疲れちゃったの?
泣いてるの?それとも…酔っ払っちゃった!?



全てのページを載せられないのが、とーっても残念{/namida/}


『amigurumi.net』 タカモリ・トモコのあみぐるみ
http://www.amigurumi.net/



■□■ 〔旧チョコほりっく〕から移してきました ■□■
≪ comments ≫←をクリック☆で、 このBlogへのコメントを、ご覧頂けます。
このページを行き先登録 |permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
今朝は、30分の寝坊。
そのおかげ(?)で、iPodを持って出るのを忘れてしまったー{/ase/}
「うぅ、あぁ〜あ……」と思ったのも、束の間。
今日の通勤のお供をしたのは…。

{/hand_iine/}はい、これ!
『Arne vol.18』 イオグラフィック 刊

スタイリストである大橋歩さん編集の小さな雑誌です。
テカテカ・ピカピカしたのではない表紙。ケント紙を薄くしたような紙。
内容と器(この場合、マテリアル・素材である紙ですね)の一体感が、懐かしいような雰囲気を醸し出しています。

年4回発行の季刊誌。なので、ついつい買うのを忘れがち…。その上、取り扱い書店が少なめなのです。


このあいだ、紹介した『ku:nel』と同じく、「ジャケ買い」したのがハジマリ{/hikari_blue/}の雑誌。バックナンバーも少しずつ揃えていってます。





んで、今号は、裏表紙もかわいいー{/hearts_pink/}








コンテンツのジャンルも色々。

今回、惹かれたのは、『飯島庸子さん』の紹介ページ。

ボトムにロールパンを使ったチーズケーキの紹介がありました。
ロールパンを使うの??意外!!だけど、「どんなんよ?」と想像が膨らむ。
いや…。想像だけでなく、作ればイイんだよ。レシピ載ってるし…{/namida/}

iPodがお供をしないのも、それはそれでイイんじゃね?



■□■ 〔旧チョコほりっく〕から移してきました ■□■
≪ comments ≫←をクリック☆で、 このBlogへのコメントを、ご覧頂けます。
このページを行き先登録 |permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
本屋さんに入ると、必要最低限(?)買おうと思っていたモノ以外の本・雑誌を買ってしまうクセがある。
通称「ジジのプチ暴れ買い」
ホントの「暴れ買い」、プチじゃない方は、服屋さんで発揮される。

んで、このあいだ、手芸本を買った日の、本当の目的はコレ。
{/book/} 『ku:nel vol.23』



毎回、美味しい食べ物・可愛い小物・素敵な人が紹介されていて、新刊が出るのが楽しみな雑誌のひとつ。{/hikari_pink/}

その中でも、いつも楽しみにしていて、見る度にウハウハ。ヨダレがー…。となるのが、高橋みどりさんの「伝言レシピ」ページ。

この、美味しいモノ満載の「伝言レシピ」をまとめた、{/book/}別冊「クウネルの伝言レシピ」もあります。
まだ入手してないけど、多分、ヤラれると思われ…。
そういう面では、ハマってしまう自分をよぉーく分かっているのデス、わたくし…。
なので、まだ、買うのを躊躇しております。

んで、さてさて…。

今号は、サプライズがあった!
BOOKページで、佐藤さとるさんが紹介されていたのです。

ジジが小学生の頃、家にあった本。多分、兄のために誰かが買ったのか、誰かがくれたのか…。ジジが手に取った時点で、既に手擦れの跡があった。

その本は、『だれも知らない小さな国』 著:佐藤さとる

「コロボックル」って知ってるかなー!?小さな小さな人のことなんだけど。
その「コロボックル」の物語。全部で5巻プラス別巻もあるけれど、まず一冊目の『だれも知らない小さな国』が大好きになった。何度も何度も読み返した。
挿絵の村上勉さんの絵も大好きで。とても細かい、エッチングみたいな描写。
子供向けの明るさはあまりなかったけれど、なんだか惹かれてしまう雰囲気のある絵を描かれる方です。

たしか、誰かに貰った、子供向けの物語集みたいなのの何冊かの挿絵も、村上勉さんだった。
今でも覚えてるのが、キツネの探偵が事件を解決するお話や、木の電柱の中をくりぬいて、小さな町が出来ていて、その中に住んでいる小さな人たちのお話。
それも、ジジのお気に入りだったなー。{/nezumi/}

ジジの母は、なぜか、しきりに「本を読みなさい」と言う人でした。ジジに向かってではなく、兄貴たちに、いっつも言っていた。
大人になってから、その話をすると、母自身も本が好きだった、本を読むのはとても楽しい&イイことだと思っていたから…らしい。
うん、母親さん。あなたは正しいっ!{/hakushu/}それに、ジジに向かって言わないでくれてありがとう。
多分、ジジに向かって言われてたら、「はねっかえり」で「天の邪鬼」なジジは、本を好きにならなかっただろうなぁ。{/namida/}

その影響からか、小学生の頃から、寝る時には本が必需品。
本を読みながら寝るのが習慣になっていたジジ。
おっ!!こんなコトを書くと、文学少女{/book/}みたいじゃーん!

でも、実は…。
母親に「アンタは、鉄砲玉や!」といつも言われていた。
「んあっ?どーいう意味?」と訊ねたら…
「鉄砲玉は行ったら、行ったっきり返ってこない。それがジジや!」と…。
「暗くなる前に帰って来なさい!っていつも言ってるでしょ!」といつも怒られてたわ。う〜ん、面白い例えだねぇ〜{/good/}
とっぷり日が暮れるまで、めいっぱい外で遊んで、本読んで、マンガも読んで、テレビも見て…。盛りだくさんじゃん!!
うあぁー!今、そんなにたくさんの時間がほしいぃっ!!
{/hiyo_please/}

んで、話を戻して…。
子供の頃住んでいたマンションの向かいが図書館だったのね。う〜ん、本好きにはたまらない立地条件ですなっ!
小学生で、既に、いっぱしの活字中毒者になっていたジジは、家にある、子供が読める程度の本は全部、読んでしまい、すぐに図書館通いがはじまる…。

一度に借りられる本は4冊。毎回、4冊借りて、返しに行ったら、また4冊借りて帰って…。無限ループ状態。
図書館の司書さん(?)とも顔見知り・仲良しになってた。
あの図書館の児童書コーナーは、ほとんど制覇してるよ、ジジは{/kirakira/}

んでも、その図書館には『コロボックル』シリーズの本は置いてなかったんだよね〜
絵本でもなく、児童書で、文庫本なんてないから、単行本。
「こんな高い本?図書館にないの?」と言われながら、母親に、おねだりして、買ってもらった。
もちろん、何度も何度も読み返して、大事にしてたのに…。{/hearts_pink/}

高校生くらいの時に、ごっそり無くなってたから母親に訊いたら…。
従兄弟ん家にあげたよ。と軽く言われて「えーーーーっ!うっそぉーーーー!!」とかなりショックだった。
でも、いったん人にあげたモノを返してなんて言えないし…。
「もうこんなの読まないだろう」と勝手にあげた母親を恨んだもんだ。

と、長い長い、思い出なんてのを綴ってみましたー{/face_tehe/}



■□■ 〔旧チョコほりっく〕から移してきました ■□■
≪ comments ≫←をクリック☆で、 このBlogへのコメントを、ご覧頂けます。
このページを行き先登録 |permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
ジンくんに貰った『TRUCK WORKS』の影響で、久々に引っ張り出してきました。

『家具をつくる、店をつくる。そんな毎日。−MAKING TRUCK−』



「TRUCK」のお二人の人柄や、温かさなどなど…。
内容はもちろん、表紙や本文の紙の手触りなんかも大好きデス{/hikari_pink/}
五感をやわらか〜く刺激してくれる、写真集みたいな本。
色んな写真の横に、エッセイのような文章が添えてある。
写真が素敵なので、もう一冊買って、写真を切り取ってペタペタ貼りたいくらいなんだ…。

あっ、グラシン紙でカバーしちゃってるので、質感が伝わらないよね!?
表紙を汚したくない、でも、素敵な表紙を目にしたい!って、お気に入りの本には、グラシン紙でカヴァーしてしまうのです。ワタクシ…。
あっ、ちなみに、グラシン紙も大好きです{/hearts_pink/}



■□■ 〔旧チョコほりっく〕から移してきました ■□■
≪ comments ≫←をクリック☆で、 このBlogへのコメントを、ご覧頂けます。
このページを行き先登録 |permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
Admin: Login
RSS: RSS1.0, Atom0.3

FAVORITE THINGS
CALENDAR

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
ARCHIVES
LINKS
BLOG PET
MOON PHASES
CURRENT MOON
RECOMMEND
music&his story
music&his story detective TAKEI FUMIRA.

太陽
太陽 Small Circle of Friends

FUTURE
FUTURE Small Circle of Friends

Avenue
Avenue Small Circle of Friends
天気の良い日は、『BLT』を聴きながらお散歩。

Wonder
Wonder スモール・サークル・オブ・フレンズ,Small Circle of Friends,Riki AZUMA,Satsuki MUTO

3 peace ~live at 百年蔵~
3 peace ~live at 百年蔵~ クラムボン,佐藤伸治,原田郁子,ミト,永積タカシ,武藤さつき,Akiko Yano,おおはた雄一,Judee Sill,倉持陽一,岡村靖幸
ライブ Album への苦手意識が払拭されました☆
是非、聴いてみて♪

ボーイズ・ワンダー
ボーイズ・ワンダー Small Circle of Friends,ジェラルド・ゴフィン,キャロル・キング

一日中
一日中 Small Circle of Friends

SPECIAL/INSTRUMENTALS
SPECIAL/INSTRUMENTALS Small Circle of Friends

eight songs in
eight songs in Small Circle of Friends

e.p.
e.p. Small Circle of Friends

SPECIAL
SPECIAL Small Circle Of Friends

QUIET NEIGHBOR
QUIET NEIGHBOR Small Circle of Friends

NEVER NEVER LAND
NEVER NEVER LAND Small Circle of Friends,東里起,武藤さつき

CIRCLE
CIRCLE Small Circle of Friends

93BEST97.
93BEST97. Small Circle of Friends

PLATFORM5
PLATFORM5 Small Circle of Friends

PROFILE
SEARCH
SPONSORED
MOBILE
qrcode
OTHERS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
みんなのブログポータル JUGEM